退去時の問題事を起こさない為に

入居時に賃貸人・賃借人で双方が立ち会い、部屋の状況を確認しチェックリストを
作成しておく事が退去時にもトラブルが起こらない一つの手段になります。

 

退去時に修繕費用をめぐってのトラブルは皆さんもよくお聞きになると思います。

そこで、賃貸人・賃借人双方が立ち会いを行いチェックリストを使用するのが効果的になります。

その際にカメラを使って事細かく入居時の状況を把握できるようにしておきましょう。
トラブルを避けるために大変有効な方法になります。

 

このような対応をしておけば、当該損耗・損傷が入居中に発生したものであるか否かが
明らかになり、損耗・損傷の発生時期をめぐるトラブルが少なくなることが期待できます。

 

このような手続きが面倒と感じる方は管理会社に依頼をすることも一つの方法だと思います。


page top