遺言書は保険のひとつ

遺言書は、相続人に財産を指定出来るものです。

遺言書の費用は財産によりますが、30万円~50万円ぐらいかかります。

 しかし、万が一相続が発生した後に相続人の間で遺産分割が上手くまとまならい場合は、法定相続分で相続税を計算します。

未分割で相続申告を行う場合には、相続税を減額する特例が使えない事があります。
3年以内に遺産分割が決まらなければ、その後に遺産分割が決まっても特例を使って申告は出来ません。
遺産分割がまとまらない場合の損失は、財産が大きければ大きい程、損失も大きくなります。

また、亡くなった方にとって、自分の相続人が自分の財産で揉めるのは好ましくありません。

遺言書を作成したとしても、相続人全員が遺産分割の内容に納得すれば、遺言書の内容とおりに遺産分割する必要はありません。

万が一、揉めた際の保険としての遺言書作成をお勧めします。


page top