土地の取得にかかる税金とは?~不動産取得税 編~

土地の購入又は贈与を受け、所有権移転登記を済ませると半年後~1年後に
納税通知書が届き、都道府県に納税することとなります。

不動産取得税は土地の固定資産税評価額の3%となります。

不動産取得税は土地や建物を購入する資金力のある人なら、
これぐらいの税金は払えるだろうという考えの設置されたものです。

3%と言えど土地の評価額は高額なもの・・・
不動産取得税だけでも相当な負担となってしまいます。

しかし、不動産取得税には減額処置があります。

①平成24年3月31日までに取得した宅地、宅地比準土地については
  評価額の1/2の額に税率をかけた金額が不動産取得税となります。

②土地を購入後3年以内に「特例適用住宅」を新築したときは、
  不動産取得税の減額をすることができます。

税金は状況や用途によって個別となりますので、詳しい内容は税理士の先生にご相談下さい。
※平成22年度税制改正対応

【用語解説】
「特例適用住宅」
住宅の床面積(共同住宅等にあっては、一戸当たりの床面積)が50m2(賃貸アパート等の場合は40m2)以上240m2以下のものをいいます。


page top