強制退去を和解退去に

ある管理会社からの話で、悪臭が酷くクレームが続いた入居者の話です。

夏場に臭いが酷いとクレームが入りました。
現場に行き確認すると、やはり臭いが酷く、隣の入居者の方が退去しますと解約の連絡が入り、大きな問題となりました。

 

さっそく、クレームの原因となっている入居者の方と面談し何度も常識的なお話を伝えましたが、まったく改善が見られず退去して頂く事になりました。
しかし、退去前の最終的な段階となり、金銭的な面で難色を示されました。
転居先を探すのにも仲介手数料・その他事務手数料等費用がかかってしまいます。

 

そこで、管理会社側が他の物件を探し、初期費用も転居先の管理会社と交渉の末、引越し代のみで退去して頂く事で納得されました。
次の管理会社にも迷惑をかけかねないので、今までの行動を振り返って頂き、改心するよう話をしました。

 

強制退去にしてしまえば揉めてしまい、後味が良くないと思います。
このように出来るならば穏便に済む方法を考え、他の入居者の方が快適に暮らせる方法を見つけ出すのが管理会社の勤めかと感じました。
出来れば三方善しになるよう出来る限りの努力をするべきではないでしょうか。

入居者特典

現在、各オーナー様や管理会社さんは、入居促進の為に様々な工夫を凝らしています。

例えば、ご入居して頂くとお部屋に日用品等のプレゼントを用意したり、オーナー様からの直筆のメッセージカードを置いておいたり、小さいことかもしれませんがすこしでも他との違いを出そうと日々考えているそうです。

プレゼントと言っても、高価なものではくトイレットペーパーや区や市の指定ゴミ袋・洗剤等、入居してすぐに必要になる物や、常にあったらいいなと思う物を選んでプレゼントしているそうです。

 

また、直筆のメッセージ等も印象に残り評判が良いと伺いました。(やり過ぎると逆効果になることもあるそうです・・・)

あるオーナー様は、家賃の未納が多く困っていたそうですが、家賃を振込んで頂いたら「毎月ご入金頂きありがとうございます」という様な内容の直筆メッセージを送る様にした所、未納が無くなったと伺った事もあります。

 

オーナー様からの気持ちということで、親近感が沸き少し綺麗にマンションを使おう等と思ったりするんではないでしょうか。

 

空室対策の一環として、長く住んで頂くという事につながるかと感じました。


page top